本文へスキップ

株式会社テクノハヤシは消失模型(ロストフォーム)鋳造を専門とし鋳造業界をリードします。

TEL. 0572-55-6507

〒509-5142 岐阜県土岐市泉町久尻1444-1

会社方針CONCEPT

会社方針

未来を見つめる広い視野と創造性で社会に貢献します


メッセージ

CEO

鋳物づくりにおいて、テクノハヤシは技術、実績と経験があります。また同時に評価や信頼も確立しています。
秒進分歩と云う言葉さえある昨今、開発そのもの、技術そのものが大きな商品となって動き出し、常に新しい商品を作り出す力が必要となっています。
市場がもたらすこの短いライフサイクルは、当社にとって今まさに絶好のチャンスとなって、社内の意気を高めております。
5000年以上前に興ったとされる鋳造技術…、常に人間社会と深い関わりを持ちながら技術が高度に発展し、新しい素材も次々と開発され、今や日本の製造業を支える重要な役割を担って居ります。
テクノハヤシは長年自らが切磋琢磨して身につけた鋳造技術のノウハウを活かし、素材は基より設計、加工、組立、検査までの一貫生産システムを構築し、高品質の製品を提供しながら、広く産業界に貢献してゆきます。


会社沿革

昭和43年5月
現在の取締役会長 林太郎が自動車鋳物、各種産業鋳物の仕上げ業務を生業とする個人企業として当地にて創業。
昭和53年5月
林研削工業株式会社へ改組。
昭和59年7月
トリミングプレス、自動研削盤の製造販売業務を始める。
平成4年9月
消失模型鋳造による鋳物の製造を始める。
平成10年6月
第2高周波誘導炉を増設
平成11年1月
商号を株式会社テクノハヤシへ変更する
平成12年3月
鋳造工場を拡張・増床
平成12年5月
第2自動鋳造型注湯ラインを増設
平成27年8月
林 太郎 取締役会長就任
林 達雄 代表取締役社長就任
平成29年6月
本社 第二工場(成形・塗型棟)増設・運用開始

バナースペース

株式会社テクノハヤシ

〒509-5142
岐阜県土岐市泉町久尻1444-1

TEL 0572-55-6507
FAX 0572-55-1736